アサプラ製ドラムヘッドの魅力とは?

posted in: 未分類 | 0

日本国内に、ドラムヘッドの製作を手掛けている会社がいくつあるかご存じでしょうか?そう、「アサプラ株式会社」ただ一つの会社が純国内産ドラムヘッドの製造という役割を担っています。

当店で扱う主たるラインナップは
・ST
・LC
・SL
・Origin
の4種類ですが、この記事では、ST、LC、SLの魅力に迫ります。
(本皮仕様のOriginモデルについてはこちらのページで紹介しています。)

STモデル

外観含め、「ドラムヘッドのスタンダード」として定着して久しいレモ社のアンバサダーと似た要素も多く、どんな楽曲にもマッチしやすい透明感のある自然な響きもイメージ通りでした。お求めやすい価格でもあり、迷ったらひとまずコレ!と言える安定感がありますね。さらに言えば、音が思ったよりも温かい。場全体を優しく包み込むようなファットな音色感が特徴的でした。ほかのモデルを買うにしても、このSTモデルを併せて持っておけば、守備範囲がグンと広がること間違いないです。

LCモデル

まず第一印象として、パワフルさ、音の太さを感じます。 ロックドラムにも持ってこいですね。またフィルムの張力を整えてくれる「アニールド加工」による効果は大きく、いろいろといじっていると音程の決まりやすさを実感します。レコーディングなど細かい調整を要する現場でも素早く対応ができるので、心強い味方となってくれそうですね。

SLモデル

タッチの感触、音色感ともに、もっとも本皮に近い印象を受けるモデルです。世の中にドラムヘッドは数多くあれど、このSLモデルのようにプレイヤーの「思い」や「アイデア」が直接音になる感覚の得られるヘッドは大変貴重です。とことんサウンドと音楽づくりにこだわるすべてのプレイヤーにおすすめします。さらに、普段本皮仕様のドラムヘッドをお使いの方は、過酷な環境下ではSLモデルを使い、安定した環境下では本皮を張る、そんな運用方法もおすすめします。